Chemicrea
NAVIGATION

環境・安全

取組と方針

当社は、経営トップによる「環境・安全宣言」のもと、「環境・安全・健康」に対する幅広い活動を全員参加で実践しております。関連法規の遵守は勿論、いろいろなレベルでのリスクアセスメントを導入し、実効を挙げております。

  1. 「環境・安全・健康」に対する取り組みは経営の重要課題と位置づけ、トップが率先する大きな活動へと進展してきております。
  2. 新製品や、既存品でも設備、プロセスや作業手順等に変更がある場合は、リスクアセスメントや変更管理の着実な実行を義務付けております。リスクアセスメントとしては、リスク評価制度を導入し、新規製品の場合は研究段階のリスク評価を経て、製造担当部署レベル、工場幹部レベル、最終的には社長直属の『EHS管理委員会』による審査・承認の段階を経て、リスク評価が行われております。リスクが大きい場合は、その低減策の実施を義務付けております。
  3. 『事故の教訓から学ぶ』から『事故を予知し未然に防ぐ』へ
    環境・安全・健康の全ての面で、起こった事故の原因究明、再発防止、その教訓を他職場へ水平展開という『事故の教訓から学ぶ』ことは勿論重要で、着実に実行しております。
    そして、更に『事故を予知し未然に防ぐ』の方向で、いろいろのレベルでのリスクアセスメントを行っております。即ち、「ヒヤリ・ハット」、「KYT(危険予知訓練)」、「危険箇所の洗出し」等に伴い摘出されたリスクを軽減すること、そして前記2 で記したリスク評価制度の運用であります。
  4. 上記2,3を基にしたマネージメントシステムを、環境、安全、労働安全衛生の面で構築し、運用しております。
  5. 環境関連設備
    廃棄物処理システムとして、従来の活性汚泥処理設備に加え、液中燃焼方式の焼却炉を導入しています。有機物は高温で完全に分解され、排ガスは炉内で中和され、さらに冷却缶とスクラバ−を経由することにより完全に無害化されます。
    また、工場内の電力供給は、自家発電装置で行い、排ガスからの排熱については回収し、熱媒として再利用しています。

処理施設の維持管理に関する情報

廃棄物の処理及び清掃に関する法律に基づき、廃棄物処理施設の維持管理に関する情報を次のとおりお知らせいたします。

・処分した産業廃棄物の各月ごとの種類及び数量

・燃焼室中の燃焼ガス温度

・集塵機に流入する燃焼ガス温度

・排ガス中の一酸化炭素濃度

・排ガス測定結果及びばいじん除去日

アーカイブ(過去の公表情報)
   ・平成26年度
   ・平成27年度
   ・平成28年度